『ゆうさいくんの籠城シート』の断熱効果を測定するために下記の実験を行った
・氷板の上に沸騰したお湯を注いだビーカーを置く
・ビーカーAは氷板に直接設置し、ビーカーBは籠城シート11cm×11cmサイズを敷いた上に設置した
・5分おきにビーカー底の水温を計測し、60分間の水温推移を調べた


撮影1:0分経過

撮影2:1分経過

撮影3:35分経過

撮影4:60分経過

撮影5:実験後の氷板

撮影6:実験後の氷板
(籠城シートなし)

撮影7:実験後の氷板
(籠城シートあり)

 

《実験条件》
日時:平成25年4月24日 AM10:00〜11:00
場所:舞鶴市喜多・弊社倉庫
実験者:株式会社DIY STYLE 森本・白石
気温:18℃
天気:雨
氷板温度:−7℃

 

時間 A:シート無し B:籠城シート有
0分 90.3度 90.9度
1分 78.9度 84.8度
5分 67.5度 76.7度
10分 53.2度 68.5度
15分 44.8度 63.3度
20分 38.1度 58.2度
25分 33.2度 53.3度
30分 31.4度 48.7度
35分 25.5度 45.6度
40分 21.6度 43.0度
45分 18.6度 40.6度
50分 16.5度 39.0度
55分 14.7度 36.2度
60分 14.6度 34.3度

ビーカー内水温変化比較グラフ

  1. 表、グラフから推察できる通り、籠城シートは氷板の冷気をほぼ遮断している
  2. ※Aのデーターは低温の水は底へ、高温の水は上部へいく性質を考慮し、計測した。
    結果、ビーカーB内の温度差が0.9℃で有るため、ビーカーBの冷却は気温による影響が大きく、氷板からの影響は少ない事を意味する。逆にビーカーAの温度差は14℃と大きく氷板の影響が大きい。以上の結果から籠城シートの断熱性能は床面の冷気に対して有効であると判断できる。
  3. 写真5・6・7より ビーカーA部分はお湯によって氷板に25mmほどの穴をあけたが、ビーカーBは3mm程度のへこみである。これは籠城シートがビーカーのお湯の熱を氷板に伝えていない事を意味する。以上の結果から籠城シートは床からの冷気を遮断、更に体温を吸熱する事も無いので籠城シートの有効性は認められる。

PDFファイルをダウンロードPDFファイルをダウンロード